インフルエンザは、現在流行期間中の南半球を含め、世界中で例年と比べて患者数の減少が見られています。一方、日本を含めた北半球の地域は、これから冬に向けてインフルエンザの患者数が増加する時期を迎えます。今後、日本国内におけるインフルエンザおよび新型コロナウイルス感染症がどのようになっていくか、推測することは困難ですが、2つの感染症が同時に流行する可能性は否定できません。今シーズンのインフルエンザの対策としては、まず予防接種を行っておくことをおすすめします。

患者数の動向

 IDWRの速報データによると
 2020/8/24〜8/30(第35週)は、定点把握疾患(週報告)が2件(0)
 2020/8/31〜9/6(第36週)は、定点把握疾患(週報告)が3件(0)
 2020/9/7〜9/13(第37週)は、定点把握疾患(週報告)が4件(0)

地域別情報

 9月7日〜9月13日(第37週)の速報データによる、定点当たり報告数が最も多い順
 千葉県(0.01)
 京都府(0.01)
 兵庫県(0.01)

 ( )内の数字は定点当り報告数です。


症状

 インフルエンザは、1〜4日間の潜伏期間を経て、突然に発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きます。通常は1週間前後の経過で軽快するが、いわゆる「かぜ」と比べて全身症状が強いのが特徴です。

感染経路

 くしゃみ、咳、会話等で口から発する飛沫による飛沫感染が主な感染経路です。他に接触感染もあるといわれています。

予防

 飛沫感染対策として、咳エチケット。接触感染対策としての手洗いの徹底が重要であると考えられます。

 予防接種を受けることが有効です。予防接種を受けることで、発症率、重症化率の低減につながると言われています。予防接種を受けてから、抗体ができるまで約2週間かかり,効果は5か月間持続しますので、流行前に早めに接種することをお勧めします。





監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏