鉄粉を混ぜて磁石で誘導!

一度損傷すると治癒がむずかしい軟骨の新しい治療法として、患者の細胞で培養した軟骨の細胞や幹細胞を使った自家移植があります。なかでも幹細胞に鉄粉を混ぜて、体外から磁石の力で欠損部分まで誘導する再生外科手術に期待が寄せられています。

◆おもに関節や骨の結合部などにある、弾力性に富む軟骨。骨が受ける衝撃を吸収したり、関節の曲げ伸ばしの際の骨と骨の摩擦を防いだりと、重要な働きをしています。軟骨の細胞には増殖する能力はあるのですが、運動や外傷などで傷つくと、自然治癒することはむずかしいと考えられています。

◆軟骨損傷の治療としては、痛みや炎症を抑える対症療法を行うとともに、重症の場合には軟骨内にある軟骨のかけらを除去する手術(軟骨片除去術)や、影響の少ない場所の骨や軟骨を移植する手術(自家骨軟骨移植術=モザイクプラスティ法)などが行われます。しかし、対応できる患部の大きさに限界があること、治療後にスポーツが続けられなくなるなど、難点も多くみられます。

◆そこで研究が進んだのが、同じ移植でも培養した患者自身の軟骨を用いる「自家培養軟骨移植術」です。2013年保険適用になりました。採取した軟骨細胞はコラーゲンゲルの中で約4週間培養され、欠損した部分に戻されます。モザイクプラスティ法では軟骨の損傷が4cm2未満という条件がありましたが、自家培養軟骨移植術ではさらに大きな損傷でも適用されます。

◆そして2015年に広島大学で実施されたのが、自家培養軟骨移植術の開発を行った同じチームによる、骨髄間葉系幹細胞を用いた再生外科手術です。間葉系幹細胞とは、間葉系に属する、骨芽細胞、脂肪細胞、筋細胞などに分化する能力をもつ細胞で、軟骨細胞にも分化可能です。再生医療の分野では重要な存在になっています。

▽▼▽詳しい方法や術後の具体例 など▽▼▽

(監修:あそうクリニック院長 麻生伸一)