パパとママとの楽しい時間に

お子さんの歯みがき、うまくいっていますか。歯が生えてきたら、歯みがきは日課となりますが、思うようにさせてくれないと苦労している人も多いのでは。上手に歯みがき習慣をつけるテクニックを紹介します。

◆歯が生えてきたからといって、いきなり歯ブラシを口に入れたりしていませんか。子どもはびっくりして、歯みがき嫌いになってしまいます。一歩一歩段階的に進めるのが大切です。まずは前歯が生えてきたら、食事の後にガーゼみがきを始めましょう。濡らしたガーゼや専用のウエットティッシュなどを指に巻き、歯をつまむようにさっと拭くのがコツです。

◆ガーゼみがきによって、「きれいにすると気持ちがよい」という感覚を持つようになり、歯や口の中に触れられることに慣れていきます。歯ブラシに興味を示したら、口に入れカミカミさせて遊ばせてみます。機嫌がよいときにひざの上に寝かせて軽く前歯を磨いてみてもよいでしょう。ただし、歯の生え始めでは、虫歯菌が歯につくことも少ないので、慣れさせることが目標です。嫌がったらすぐにやめましょう。

◆奥歯が生えてきたら、本格的な歯みがきの段階です。子どもが自分で歯をみがけるようになるのは6歳くらい。それまでは、みがき残しも多いので、大人の仕上げみがきが必要です。理想は昼と夜の2回行うことですが、虫歯菌を増殖させるプラークを取り除くには寝る前の仕上げみがきが重要です。しかし、仕上げみがきが「嫌い!」という子どもは少なくありません。

▽▼▽嫌いになる原因5点や歯みがきポイント など▽▼▽

(監修:松下歯科医院院長 松下和夫)