コミュニケーション効果にも注目

ロボットの技術は年々進化しており、介護に役立つロボットも次々と開発されています。認知症の介護に役立つコミュニケーションロボットとは、どんなものなのでしょうか。

◆2016年8月より、日本医療研究開発機構は、19種・約1000台のロボットを全国の介護施設で使用する大規模実証研究を開始しました。ロボットを日々の介護に使用することで、入所者の認知機能の改善効果などを比較する予定です。

◆これらのロボットには、人工知能(AI)が搭載されており、ロボットとは思えないほどのコミュニケーション能力をもっています。

◆たとえば、ロボット「パルロ」は、身長40cm、5歳くらいの男の子の声で話します。ゲームやクイズ、歌、ダンス、落語など100種類以上のレパートリーをもっており、お年寄りと一緒に楽しみます。

◆さらに、ロボットがインターネットからの情報も取り込めるため、お天気の話やその日のニュースなどの会話をすることも可能です。積極的にコミュニケーションをとることで、認知症予防につながると期待されています。すでに全国の介護施設などに約500台が導入されています。

▽▼▽認知症患者に対する接し方体験モードとは など▽▼▽

(監修:寺本神経内科クリニック院長 寺本純)