脱水や二日酔い予防に

すきっ腹でお酒を飲まないという注意をしている人も、途中で水を飲むまで実行している人は少数かもしれません。アルコール=水分と勘違いしていませんか。お酒を飲んだら水をとる、のメリットをご紹介します

◆ビールにワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎……適度なお酒は「百薬の長」に、またストレス解消やコミュニケーションの潤滑油にもなります。一方で気をつけたいのは、お酒を飲めば飲むほど脱水症状が進む点です。お酒を飲んだら、必ずコップ1杯の水を飲むように心がけましょう。

◆理由は、アルコールが持つ利尿作用にあります。種類を問わずアルコールをとると、飲んだ量の約半分以上が尿で排出されます。特にビールは利尿作用が強く、体の中の水分が大量に出ていってしまいます。お酒を飲むときに水分を補給することで脱水を防ぎ、尿からのアルコールの排出も促します。

◆また、水分補給は二日酔いの予防にも役立ちます。胃や腸で吸収されたアルコールは、肝臓でアルコール分解酵素によって有害物質のアセトアルデヒドに分解され、段階を経て最終的には酢酸(さくさん)と水となって無毒化されます。

▽▼▽水を飲むタイミングは、いつがベスト? など▽▼▽

(監修:虎の門病院 内分泌代謝科医長 宮川めぐみ)