新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受けて、臨時の九州地方知事会議が14日開かれ、緊急事態宣言が出された福岡県への不要不急の移動を控えるよう求める意見が相次ぎました。

オンラインで行われた会議では、鹿児島県や山口県の知事から、緊急事態宣言の対象地域に追加された福岡県への不要不急の往来を1都3県と同じように自粛するよう、県民に呼びかけていくという意見が出されました。

佐賀県はすでに、福岡由来の陽性者が多いとして、往来の自粛を求めています。

今回の緊急事態宣言には、九州の大都市である福岡県からの感染拡大を抑えたい狙いがあります。

会議ではこのほか、国に対し、緊急事態宣言の対象地域以外でも、地域や職種の限定なく金銭的に支援するよう要望をまとめ提出することが確認されました。