15日、川崎競馬場で行われた11R・関東オークス(Jpn2・3歳オープン・牝・ダ2100m)は、福永祐一騎乗の4番人気、グランブリッジ(牝3・栗東・新谷功一)が快勝した。3馬身差の2着にラブパイロー(牝3・美浦・大和田成)、3着に1番人気のスピーディキック(牝3・浦和・藤原智行)が入った。勝ちタイムは2:16.3(稍重)。

 2番人気でD.レーン騎乗、ドライゼ(牝3・栗東・須貝尚介)は5着、3番人気でC.ルメール騎乗、リッキーマジック(牝3・美浦・加藤征弘)は7着敗退。

関東オークスの写真はこちらから

シニスターミニスター産駒

 4番人気に支持された福永祐一騎乗、グランブリッジが嬉しい重賞初制覇を飾った。道中は逃げ馬を見ながら手応え良く追走し、直線では粘るラブパイローを目掛けて猛追。脚色は明らかに違い、楽々交わして3馬身差の完勝だった。

グランブリッジ 6戦3勝
(牝3・栗東・新谷功一)
父:シニスターミニスター
母:ディレットリーチェ
母父:ダイワメジャー
馬主:サイプレスホールディングス
生産者:金舛幸夫

【全着順】
1着 グランブリッジ
2着 ラブパイロー
3着 スピーディキック
4着 トキノゴールド
5着 ドライゼ
6着 ソレイユスマイル
7着 リッキーマジック
8着 サンオルソーライズ
9着 ティーズハクア
10着 コーミズアムール
11着 グラーツィア
12着 ケウ
13着 クレールアドレ