25日、東京競馬場で行われた8R・東京ジャンプステークス(J-G3・障害3歳上オープン・芝3110m)は、上野翔騎乗の8番人気、ケイティクレバー(牡7・美浦・清水英克)が快勝した。6馬身差の2着に3番人気のホッコーメヴィウス(せん6・栗東・清水久詞)、3着に1番人気のエイシンクリック(牡8・栗東・坂口智康)が入った。勝ちタイムは3:26.2(良)。

 2番人気で森一馬騎乗、ゼノヴァース(牡5・栗東・小林真也)は、4着敗退。

【新馬/東京5R】エピファネイア産駒 シャンドゥレールがデビューV

6馬身差圧勝

 8番人気の低評価を覆して上野翔騎乗、ケイティクレバーが嬉しい障害重賞初制覇を飾った。道中は安定した飛越を見せて後続を突き放した逃げを展開。終始5馬身程度のリードを保って直線へ向くと、最後まで脚色衰えることなくまんまと逃げ切った。1番人気のエイシンクリックはスタート出遅れの影響もあり3着敗退。

ケイティクレバー 33戦7勝
(牡7・美浦・清水英克)
父:ハービンジャー
母:モルトフェリーチェ
母父:ディープインパクト
馬主:瀧本和義
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ケイティクレバー
2着 ホッコーメヴィウス
3着 エイシンクリック
4着 ゼノヴァース
5着 マイネルヴァッサー
6着 タイキフロリゼル
7着 エコロドリーム
8着 マリオ
9着 マイサンシャイン
10着 テーオーソクラテス
11着 クラウンディバイダ
12着 ノストラダムス