30日、新潟競馬場で行われた8R・新潟ジャンプステークス(J-G3・障害3歳上オープン・芝3250m)は、黒岩悠騎乗の3番人気、ホッコーメヴィウス(せん6・栗東・清水久詞)が勝利した。3/4馬身差の2着に1番人気のゼノヴァース(牡5・栗東・小林真也)、3着にヴァーダイト(牡5・栗東・音無秀孝)が入った。勝ちタイムは3:28.4のレコードタイム(良)。

 2番人気で北沢伸也騎乗、ケイティクレバー(牡7・美浦・清水英克)は、10着敗退。

【新馬/新潟6R】8番人気 ニシキギミッチーがデビューV

レコードで逃げ切る

(C)Hiroki Homma

 3番人気に支持された黒岩悠騎乗、ホッコーメヴィウスが嬉しい重賞初制覇を飾った。レース序盤から先手を主張。安定した飛越を見せ、勝負どころから後続を突き放しにかかると、最終障害を越えて逃げ込みを図った。ゴール前は1番人気のゼノヴァースが迫ったが、3/4馬身差で見事に逃げ切った。人馬ともに重賞初制覇で、レコード決着のおまけまでついた。

ホッコーメヴィウス 35戦4勝
(せん6・栗東・清水久詞)
父:ダイワメジャー
母:ホッコーメモリー
母父:ダンシングブレーヴ
馬主:北幸商事
生産者:高昭牧場

【全着順】
1着 ホッコーメヴィウス
2着 ゼノヴァース
3着 ヴァーダイト
4着 ニューツーリズム
5着 アサクサゲンキ
6着 ワーウルフ
7着 ヴァイトブリック
8着 マリオ
9着 マイネルグロン
10着 ケイティクレバー
11着 トワイライトタイム
12着 ザメイダン
13着 テイエムコンドル
14着 シンキングダンサー