4日、新潟競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1800m)は、戸崎圭太騎乗の2番人気、テンカノギジン(牡2・美浦・手塚貴久)が勝利した。クビ差の2着にシエロエスティーボ(牡2・美浦・小島茂之)、3着にコスモチプリア(牝2・美浦・田村康仁)が入った。勝ちタイムは1:51.1(良)。

 1番人気で田辺裕信騎乗、ホウオウドラッカー(牡2・美浦・奥村武)は、10着敗退。

2021年セレクトセールで1億560万円

 2番人気に支持された戸崎圭太騎乗、テンカノギジンが嬉しいデビューVを飾った。レースでは後方からじっくりと末脚を温存し直線勝負へ。各馬外を選択する中、内目から進出。上手くポジションを上げて、直線半ばから徐々に外へ持ち出し、ゴール前の追い比べを制して見事に抜け出した。

テンカノギジン 1戦1勝
(牡2・美浦・手塚貴久)
父:エピファネイア
母:モスカートローザ
母父:ディープインパクト
馬主:星野壽市
生産者:ノーザンファーム