4日、新潟競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(芝1400m)は、池添謙一騎乗の1番人気、コーパスクリスティ(牡2・栗東・中内田充正)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にアルマロクザン(牝2・美浦・高橋文雅)、3着にロコルルハーツ(牡2・美浦・大竹正博)が入った。勝ちタイムは1:23.7(良)。

 2番人気で鮫島克駿騎乗、アヘッド(牝2・栗東・中竹和也)は、6着敗退。

【新馬/新潟5R】エピファネイア産駒 テンカノギジンがデビューV

人気に応える

 1番人気に支持された池添謙一騎乗、コーパスクリスティが嬉しいデビューVを飾った。スタートを五分に出てじわっと先行。勝負どころで外目から進出していき、3番手で直線へ。徐々に外へ出していき、しっかりとした伸び脚でゴールまで伸び、後続に1馬身1/4差をつける完勝だった。

コーパスクリスティ 1戦1勝
(牡2・栗東・中内田充正)
父:エピファネイア
母:レッドソンブレロ
母父:キングカメハメハ
馬主:吉田勝己
生産者:ノーザンファーム