10日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝2000m)は、C.ルメール騎乗の1番人気、ロッククリーク(牡2・美浦・栗田徹)が勝利した。1/2馬身差の2着に2番人気のヴァイルマティ(牝2・美浦・鹿戸雄一)、3着にスマイルスルー(牡2・栗東・斉藤崇史)が入った。勝ちタイムは2:02.6(良)。

【新馬/中山4R】ダノンレジェンド産駒 マーブルマカロンがデビューV

断然の人気に応える

 単勝1.8倍、断然の1番人気に支持されたC.ルメール騎乗、ロッククリークが嬉しいデビューVを飾った。スタートを五分に出て先行争いに加わると、コーナーワークで3.4番手の位置へ。終始ロスのない走りでラチ沿いを立ち回り、直線ではじわじわとした伸び脚で坂を登ってもうひと伸び。きっちり抜け出した。

ロッククリーク 1戦1勝
(牡2・美浦・栗田徹)
父:エピファネイア
母:フロールデセレッソ
母父:スウェプトオーヴァーボード
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム