11日、中山競馬場で行われた11R・京成杯オータムハンデキャップ(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1600m)は、吉田隼人騎乗の1番人気、ファルコニア(牡5・栗東・高野友和)が勝利した。クビ差の2着にミッキーブリランテ(牡6・栗東・矢作芳人)、3着にクリノプレミアム(牝5・美浦・伊藤伸一)が入った。勝ちタイムは1:33.6(良)。

 2番人気で横山武史騎乗、ダーリントンホール(牡5・美浦・木村哲也)は12着、3番人気でM.デムーロ騎乗、ミスニューヨーク(牝5・栗東・杉山晴紀)は4着敗退。なお、9番シュリは競走除外となっている。

【セントウルS】メイケイエールが秋初戦を制する

重賞初制覇

 1番人気に支持された吉田隼人騎乗、ファルコニアが混戦のゴール前を制して嬉しい重賞初制覇を飾った。スタートを五分に出て好位3番手の位置へ。ゆったりとした展開にも折り合い良く追走し直線を迎えると、逃げ粘るミッキーブリランテをゴール前でクビ差捕らえた。同馬を管理する高野友一調教師は、昨日の紫苑ステークスに続いて連日の重賞勝ちとなった。

ファルコニア 19戦6勝
(牡5・栗東・高野友和)
父:ディープインパクト
母:カンビーナ
母父:Hawk Wing
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ファルコニア
2着 ミッキーブリランテ
3着 クリノプレミアム
4着 ミスニューヨーク
5着 ベレヌス
6着 シャーレイポピー
7着 インテンスライト
8着 コムストックロード
9着 レインボーフラッグ
10着 タガノディアマンテ
11着 ルフトシュトローム
12着 ダーリントンホール
13着 ルークズネスト
競走除外 シュリ