17日、中京競馬場で行われた9R・ききょうステークス(2歳オープン・芝1400m)は、福永祐一騎乗の2番人気、アロマデローサ(牝2・栗東・池添学)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にクインズエルサ(牝2・栗東・西村真幸)、3着にヤクシマ(牡2・栗東・寺島良)が入った。勝ちタイムは1:20.4のレコードタイム(良)。

 1番人気で池添謙一騎乗、イコサン(牡2・栗東・長谷川浩大)は、5着敗退。

【阪神JS】断然人気 ホッコーメヴィウスが障害重賞連勝

キンシャサノキセキ産駒

 2番人気に支持された福永祐一騎乗、アロマデローサがデビュー2連勝を飾った。スタートを五分に出て、先行馬群5番手の位置で流れに乗ると、手応え良く直線へ。馬場の三分どころから上がり最速34.1の末脚を繰り出して悠々抜け出した。

アロマデローサ 2戦2勝
(牝2・栗東・池添学)
父:キンシャサノキセキ
母:ローズウィスパー
母父:ワークフォース
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム