10月2日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記のとおり。

●ステイフーリッシュ(牡7・栗東・矢作芳人厩舎)
本日(現地時間9月28日(水))の調教状況
エーグル調教場(芝周回コース)
強めの追い切り 約6ハロン 清水裕夫厩舎所属の1頭との2頭併せ(後方から追いかける形)
C.ルメール騎手騎乗

矢作芳人調教師のコメント
「追い切りは動かない馬ですが、活気のある動きでした。今日くらいの馬場は苦にしている感じではなかったので、このくらいの馬場でレース当日を迎えられればと思います」

C.ルメール騎手のコメント
「前に馬を置いて、後ろから追いかける形で、徐々にペースアップをし、さすがステイフーリッシュという動きでした。馬は元気いっぱいで、状態は良さそうです。軟らかい馬場でも走りづらさは感じませんでした」

●タイトルホルダー(牡4・美浦・栗田徹厩舎)
本日(現地時間9月28日(水))の調教状況
コワイラフォレ調教場(芝直線コース)
追い切り 約6ハロン 小林智厩舎所属の2頭との3頭併せ
ゲート練習(駐立)
横山和生騎手騎乗

栗田徹調教師のコメント
「横山和生騎手に馬場の感触と馬のコンディションを掴んでもらうことができ、良い追い切りだったと思います」

横山和生騎手のコメント
「前に2頭を置いて、それらを見ながら、タイトルホルダーのリズム、精神状態を確認する追い切りになりました。競馬に向けて良いイメージを掴むことができました。

●ディープボンド(牡5・栗東・大久保龍志厩舎)
本日(現地時間9月28日(水))の調教状況
エーグル調教場(芝周回コース)
強めの追い切り 約5ハロン エントシャイデン(牡7・栗東・矢作芳人厩舎)との2頭併せ
川田将雅騎手騎乗

大久保龍志調教師のコメント
「水分を含んだ馬場状態を考慮してジョッキーが臨機応変に対応して走り方を馬に教え込んでくれました。ちょうどレース当日に予想される馬場状態で馬も勉強になりました。ジョッキーが乗って馬に良い効果が出ていると思います」

川田将雅騎手のコメント
「日本からこちらに来てからも順調に過ごしていることを感じられる昨日、今日の様子でした。追い切り自体もスムーズに臨む形で終えることができましたので、とても順調に来ていると思います」

●ドウデュース(牡3・栗東・友道康夫厩舎)
本日(現地時間9月28日(水))の調教状況
エーグル調教場(芝周回コース)
追い切り 約9ハロン 単走 上がり1ハロン強め
前川和也調教助手騎乗

友道康夫調教師のコメント
「直線に向いて左手前に替える課題を上手くクリアしてくれて、良い追い切りだったと思います」

武豊騎手のコメント
「順調だと聞いていましたが、調教を見た感じも状態が良いなと感じました」

前川和也調教助手のコメント
「手前替えと競馬に疲れを残さないように意識して調教しました。芝馬場は初めてでしたが、ちょうど馬場も重たくて、良い経験ができたと思います」

※JRA発表による