10月2日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記のとおり。

●ステイフーリッシュ(牡7・栗東・矢作芳人厩舎)
本日(現地時間9月29日(木))の調教状況
曳き運動・ウォーキングマシーン 約60分

矢作芳人調教師のコメント
「追い切った後も疲れを見せず、元気いっぱいです。(応援フラッグを受け取って)遠く離れた海外の地だと日本からの応援が普段以上に身に染みます。ありがとうございます。ステイフーリッシュにもしっかりと伝えます」

●タイトルホルダー(牡4・美浦・栗田徹厩舎)
本日(現地時間9月29日(木))の調教状況
曳き運動 約60分

栗田徹調教師のコメント
「追い切り後も落ち着いていて、良い雰囲気です。身体もギュッと締まっている感じがします。(応援フラッグを受け取って)皆様の想いを胸に、レースで最善を尽くせるように馬と共に頑張ります」

●ディープボンド(牡5・栗東・大久保龍志厩舎)
本日(現地時間9月29日(木))の調教状況
ウォーキングマシーン 約60分

大久保龍志調教師のコメント
「動き、馬体をみても強めの追い切りの影響もなく飼葉もしっかり食べていて、馬は良い状態だと思います。(応援フラッグを受け取って)昨年に続き温かいメッセージをいただき、嬉しく思います。ディープボンドにもしっかり伝えて、皆さんの期待に応えられたらと思っています」

●ドウデュース(牡3・栗東・友道康夫厩舎)
本日(現地時間9月29日(木))の調教状況
曳き運動 約60分

友道康夫調教師のコメント
「追い切り後も変わりなく、馬体、毛ヅヤも良くなってきて、良い感じで競馬に向かえると思います。(応援フラッグを受け取って)ありがとうございます。皆様の応援と共に、当日パリロンシャンに向かいたいと思います。日本からの応援よろしくお願いします」

※JRA発表による