10月2日にパリロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1・芝2400m)に参戦した日本ダービー馬・ドウデュースは、帰国後復帰戦としてジャパンカップ(11月27日・東京・G1・芝2400m)を目標に調整がされていたが、この秋は休養することが決定した。

凱旋門賞も再度視野に

 同馬を管理する友道康夫調教師は「1週間ほど楽をさせて、ジャパンカップを視野に牧場で乗ってもらっていましたが、どこが悪いという訳ではなく、もう少し時間がほしいという感じです。ダービー馬でもありますし、中途半端な状態では出走させられないということです。今後は当面の目標として、ドバイ・ターフを考えています。そして、秋にチャンスがあればもう一度、凱旋門賞に使えればと思っています」と、来春のドバイを目標に調整していくと明かした。また、今後の結果次第では再度、凱旋門賞挑戦を視野に入れているとのことで、来年の活躍が期待される。