5日、東京競馬場で行われた4R・2歳未勝利(芝1800m)は、坂井瑠星騎乗の1番人気、シュタールヴィント(牡2・栗東・矢作芳人)が快勝した。3馬身差の2着に2番人気のロゼル(牡2・美浦・大和田成)、3着にピンキープロミス(牡2・美浦・畠山吉宏)が入った。勝ちタイムは1:48.7(良)。

ロードカナロア×マルセリーナ

 1番人気に支持された坂井瑠星騎乗、シュタールヴィントが嬉しい初勝利を飾った。好スタートを決めてスムーズに先行。終始リズムの良い走りで直線へ向くと、早め先頭からあっという間に後続を突き放し流すようにゴール。3馬身差の完勝だった。母は桜花賞馬のマルセリーナ。

シュタールヴィント 2戦1勝
(牡2・栗東・矢作芳人)
父:ロードカナロア
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム