5日、東京競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(芝2000m)は、C.ルメール騎乗の1番人気、ジェイパームス(牡2・美浦・堀宣行)が快勝した。3馬身差の2着にモルトヴェローチェ(牡2・美浦・大竹正博)、3着に2番人気のゴールドプリンセス(牝2・栗東・寺島良)が入った。勝ちタイムは2:01.6(良)。

【新馬/東京5R】ハービンジャー産駒 オメガタキシードが初勝利

単勝1.4倍の支持

 断然の人気に推されたC.ルメール騎乗、ジェイパームスがデビュー戦を快勝した。良血馬がきっちり結果を残した。抜群の手応えで直線へ向くと、軽く仕掛けられて抜け出しを図った。ラチ沿いを軽快に伸びて後続に3馬身差の完勝。上のクラスでも通用する勝ちっぷりを見せた。同馬はG1馬・キラーアビリティの半弟。

ジェイパームス 1戦1勝
(牡2・美浦・堀宣行)
父:ジャスタウェイ
母:キラーグレイシス
母父:Congaree
馬主:エムズレーシング
生産者:ノーザンファーム