エリザベス女王杯(G1)に出走予定のマジカルラグーン(アイルランド)の調教状況および関係者のコメントは下記のとおり。

●マジカルラグーン(牝3)
調教状況(シェーン・フォーリー騎手騎乗)
〔天候:晴 馬場状態:良〕

調教時間
7時11分から7時26分

使用コース
ダートコース

調教内容
ダク1500メートル、常歩200メートル、キャンター1000メートル、ギャロップ300メートル

ケイト・ハリントン調教助手のコメント
「今朝はシェーン・フォーリー騎手が騎乗して、いつもどおりキャンターと、最後は300メートルほどギャロップしました。騎手も馬の動きに満足していましたし、馬はフレッシュで状態も良く、レースに向けて仕上がっていますので、文句のつけようがありません。明日は、ザラ・ネルソン厩務員が騎乗して、ダートで軽い運動を行う予定です。枠順については、5番は内ラチに近過ぎず、外過ぎないちょうどいい枠だと思います。もともと希望していたところで、とてもうれしいです。ここならレースでもいいポジションを取れ、気持ちよく走れると思います。いい結果を期待したいです」

※JRA発表による