12日、東京競馬場で行われたG3・武蔵野ステークスは、2番人気のギルデッドミラーが差し切りV。ゴール前の大接戦を制して重賞初制覇を飾った。このレースの1着馬にはチャンピオンズカップ(12月4日・G1・中京・ダ1800m)への優先出走権が与えられる。

武蔵野ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 ギルデッドミラー
三浦皇成騎手
「ゴールしてもどっちが勝ったか分からない形でしたけど、率直によく最後一番苦しいところでもう一伸びしてくれたなと。馬に感謝しかないです。レモンポップの後ろだけはキープして、あの馬を目標にというのは決めていたことですし、ちょっとそれでも位置を取りにいった分、一瞬折り合いを欠くところがありましたけども、すぐ我慢が効いてくれて、本当にそこに関してはこの馬に色々携わってくれた人のおかげだと思っています。僕はダートに変わってからしか乗っていないので比較は出来ないですけども、初めてダートでまたがった時から、これは一つ違うなっていう気持ちはあったので、こんなに早く重賞を勝てて良かったと思っています。まずは無事にいってほしいと思っています」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 12日、東京競馬場で行われた11R・武蔵野ステークス(G3・3歳上オープン・ダ1600m)は、三浦皇成騎乗の2番人気、ギルデッドミラー(牝5・栗東・松永幹夫)が勝利した。ハナ差の2着に1番人気のレモンポップ(牡4・美浦・田中博康)、3着にバスラットレオン(牡4・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:35.6(良)。

 3番人気で福永祐一騎乗、ハヤブサナンデクン(牡6・栗東・吉村圭司)は、5着敗退。

ゴール寸前差し切り

武蔵野ステークス・ギルデッドミラー (C)競馬のおはなし

 ゴール前は大激戦となった。逃げ粘るバスラットレオン、外から並びかけたレモンポップをを目掛けてギルデッドミラーが猛追。断然の人気を背負ったレモンポップが凌ぐかと思われたが、外から素晴らしい伸び脚を見せたギルデッドミラーが僅かハナ差で重賞初制覇を手にした。

ギルデッドミラー 21戦4勝
(牝5・栗東・松永幹夫)
父:オルフェーヴル
母:タイタンクイーン
母父:Tiznow
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ギルデッドミラー
2着 レモンポップ
3着 バスラットレオン
4着 スマッシングハーツ
5着 ハヤブサナンデクン
6着 タガノビューティー
7着 アドマイヤルプス
8着 アシャカトブ
9着 サンライズノヴァ
10着 エアスピネル
11着 デュードヴァン
12着 セキフウ
13着 デュープロセス
14着 ブラッティーキッド
15着 フルデプスリーダー
16着 ケイデンスコール