ジャパンカップ(G1)に出走予定のオネスト、グランドグローリーおよびシムカミル(すべてフランス)ならびにテュネス(ドイツ)の調教状況および関係者のコメントは下記のとおり。

〔天候:雨 馬場状態:稍重〕

●オネスト(牡3)
*調教状況(グレゴリー・デフレル厩務員騎乗)
調教時間
6時31分から6時45分

調教内容
ダートコースにて速歩右回りで1/4周、常歩右回りで1/4周、 キャンター左回りで3/4周

ファブリス・シャペ調教師のコメント
「今日は通常どおりの運動を行いましたが、馬の調子は非常に良いです。シムカミルと同じタイミングでコースに出ていますが、オネストは単独での調教でも問題ありません。芝コースを歩いてみましたが、聞いていたように水はけが良い素晴らしいコースです。明日はクリストフ・ルメール騎手が騎乗し、最後の200メートルで速い運動をする予定です」

●グランドグローリー(牝6)
*調教状況(アナイス・デュモン調教助手騎乗)
調教時間
6時08分から6時23分

調教内容
ダートコースにて速歩左回りで1/2周、キャンター左回りで1/4周、ギャロップ左回りで1/2周、常歩左回りで1/4周、速歩左回りで1/4周、常歩左回りで1/4周
注記:追い切り

アナイス・デュモン調教助手のコメント
「今朝は馬のフィーリングに合わせて走らせましたが、非常にリラックスしてこちらの思惑どおりに動いてくれました。昨年は来日してからの回復に時間を要しましたが、今年は回復が早く、通常どおりの運動ができているので、調整は順調に進んでいると思います。明日はキャンターで調整する予定です」

●シムカミル(牡3)
*調教状況(アマンディーヌ・ファンタン厩務員騎乗)
調教時間
6時31分から6時45分

調教内容
ダートコースにて速歩右回りで1/4周、常歩右回りで1/4周、キャンター左回りで3/4周

アマンディーヌ・ファンタン厩務員のコメント
「今日は速歩やキャンターで調整しましたが、馬の調子は上がってきており、馬体的にも精神的にも状態は良好です。前走と比較しても馬の状態は良く、馬体重も良い状態を保っています。今日調教師が来るので、追い切りについてはこれから決まると思いますが、明日はグレゴリー・ブノワ騎手が騎乗する予定です」

●テュネス(牡3)
*調教状況(マテイ・リゴ調教助手騎乗)
調教時間
8時23分から8時29分

調教内容
ダートコースにてキャンター左回りで1周

ペーター・シールゲン調教師のコメント
「今朝は軽めのキャンターで調整しました。日本に来て初めて馬を見ましたが、輸送もこなしてくれたようで、ドイツにいる時と同じ状態なので非常に満足しています。明日はバウルジャン・ムルザバエフ騎手が騎乗し、今日と同じような運動を行います。金曜日には300メートルほど強いところをやるかもしれません」

※JRA発表による