27日、阪神競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(芝2000m)は、横山和生騎乗の5番人気、イングランドアイズ(牝2・栗東・安田翔伍)が勝利した。クビ差の2着に1番人気のハーパー(牝2・栗東・友道康夫)、3着にマテンロウアルテ(牝2・栗東・坂口智康)が入った。勝ちタイムは2:02.9(良)。

 2番人気で岩田望来騎乗、プレドミナル(牡2・栗東・藤原英昭)は、4着敗退。

【新馬/阪神4R】12番人気 ダノンセシボンが波乱を演出

母はヌーヴォレコルト

 5番人気に支持された横山和生騎乗、イングランドアイズが嬉しいデビューVを飾った。レースでは先行馬群5番手付近を追走から、隊列そのままに馬場の三分どころを通って直線へ向くと、横一線の追い比べからじわじわと抜け出し、ゴール前の接戦をクビ差制した。同馬の母は2014年オークスを勝利したヌーヴォレコルト。

イングランドアイズ 1戦1勝
(牝2・栗東・安田翔伍)
父:Kingman
母:Nuovo Record
母父:Heart’s Cry
馬主:原禮子
生産者:Hara Reiko Racing Co. Ltd