賞金4億円のジャパンカップに出走したハーツイストワールは、あれが現時点での精一杯の走りだったでしょうか。相手が強かっただけで、左回りの中距離のG2以下なら今後もいい競馬ができそうです。

 京都2歳Sのエゾダイモンは、4コーナーでバテて下がってきた馬に、そのまま後方まで道連れにされてしまい、非常に残念な競馬になりました。まともなら勝ち負けだった、とあえて言い切ってしまいましょう。本当に良くなるのは来年ですが、間違いなく走ってくる馬ですから引き続き注目してください。

武豊騎手 今週の騎乗馬

ノットゥルノは動き文句なし

 土曜日の阪神の新馬戦でいい勝ち方ができたオーサムリザルトは、その後左ひざに剥離骨折が判明。骨片除去手術さえ要らないぐらいの軽傷だったのは不幸中の幸いでしたが、3か月程度の休みは必要でしょうね。順当ならポンポンと行けそうだっただけに、そこは少し残念でした。

 今週はダートの最強馬を決める、チャンピオンズカップです。ボクはジャパンダートダービーを勝った、3歳馬ノットゥルノに騎乗。追い切りの動きも文句なしでした。かなり強い古馬が1頭いますが、サウジカップ(1着賞金1000万ドル!)につながるような結果を持ち帰らなければと思っています。