12月4日、中京11Rで行われた第23回チャンピオンズカップ(3歳上オープン・G1・ダ1800m・1着賞金=1億2000万円)は、石川裕紀人騎乗の3番人気、ジュンライトボルト(牡5・栗東・友道康夫)が勝利し、ダートの強豪が揃った一戦で豪快に差し切った。嬉しいG1初制覇を飾った。勝ちタイムは1分51秒9(良)。

 2着に4番人気のクラウンプライド(牡3・栗東・新谷功一)、3着に6番人気のハピ(牡3・栗東・大久保龍志)が入った。また、1番人気で松山弘平騎乗、テーオーケインズ(牡5・栗東・高柳大輔)は4着、2番人気でR.ムーア騎乗、グロリアムンディ(牡4・栗東・大久保龍志)は12着敗退。

【シリウスS】ジュンライトボルトが重賞初制覇

新たな王者誕生

チャンピオンズカップ・ジュンライトボルト (C)Yushi Machida

 石川裕紀人騎手の手綱に導かれて、ジュンライトボルトがG1初制覇を飾った。レースでは絶好のスタートを決めて先行争いに加わる勢いで飛び出したが、馬なりで中団の位置へ。終始折り合いは良く、馬群の中でじっと我慢し勝負どころを迎えると、直線ではテーオーケインズの後ろから虎視眈々と前を伺い、ラスト1ハロンから豪快な伸び脚で差し切った。石川裕紀人騎手はG1初制覇、管理する友道康夫調教師はダートG1初制覇。

 チャンピオンズカップを勝ったジュンライトボルトは、父キングカメハメハ、母スペシャルグルーヴ、母の父スペシャルウィークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は河合純二氏。通算成績は25戦7勝。重賞は2022年シリウスステークス(G3)に次いで2勝目。鞍上の石川裕紀人騎手、管理する友道康夫調教師は共に同レース初勝利。

【全着順】
1着 ジュンライトボルト 石川裕紀人
2着 クラウンプライド 福永祐一
3着 ハピ 横山典弘
4着 テーオーケインズ 松山弘平
5着 シャマル 川田将雅
6着 サンライズホープ 幸英明
7着 スマッシングハーツ 鮫島克駿
8着 ノットゥルノ 武豊
9着 オーヴェルニュ C.ルメール
10着 タガノビューティー 石橋脩
11着 レッドガラン 斎藤新
12着 グロリアムンディ R.ムーア
13着 サクラアリュール 酒井学
14着 バーデンヴァイラー D.レーン
15着 サンライズノヴァ 松若風馬
16着 レッドソルダード 丸山元気