現地3月25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップデー9R・ドバイワールドカップ(G1・ダ2000m・15頭立て・1着賞金696万ドル=約9億4000万円)は、川田将雅騎乗、ウシュバテソーロ(牡6・美浦・高木登)が、豪快な差し切りで勝利した。2着にはアルジールス(セ6・英・S&E.クリスフォード)、3着にエンブレムロード(牡5・沙・A.アブドゥルワーヒド)が入った。勝ちタイムは2:03.25。

 日本から参戦したテーオーケインズ(牡6・栗東・高柳大輔)は4着、クラウンプライド(牡4・栗東・新谷功一)は5着、パンサラッサ(牡6・栗東・矢作芳人)は10着、ジオグリフ(牡4・美浦・木村哲也)は11着、カフェファラオ(牡6・美浦・堀宣行)は12着、ヴェラアズール(牡6・栗東・渡辺薫彦)は13着、ジュンライトボルト(牡6・栗東・友道康夫)は15着に敗れた。

【ドバイシーマクラシック】イクイノックスが大楽勝…逃げ切りで海外G1初制覇

川田将雅騎手が勝利に導く

ドバイWC・ウシュバテソーロと川田将雅騎手 (C)Yushi Machida

 日本のウシュバテソーロが豪快な差し切りで世界の頂点に輝いた。レースでは激しい先行争いを見ながら最後方からじっくりと進出。全くのノーマークなポジションから、直線ではあっという間に先行各馬を射程圏に入れて一閃。馬場の真ん中を豪快に突き抜けてライバルを圧倒した。鞍上の川田将雅騎手は「日本の皆さんありがとうございました」と喜びの声を届けた。

【全着順】
1着 ウシュバテソーロ・日本
2着 アルジールス・イギリス
3着 エンブレムロード・サウジアラビア
4着 テーオーケインズ・日本
5着 クラウンプライド・日本
6着 ベンドゥーグ・UAE
7着 カントリーグラマー・アメリカ
8着 サルートザソルジャー・バーレーン
9着 リモース・UAE
10着 パンサラッサ・日本
11着 ジオグリフ・日本
12着 カフェファラオ・日本
13着 ヴェラアズール・日本
14着 スーパーコリント・アメリカ
15着 ジュンライトボルト・日本