現地3月25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップデー8R・ドバイシーマクラシック(G1・芝2410m・10頭立て・1着賞金348万ドル=約4億7000万円)は、C.ルメール騎乗、イクイノックス(牡4・美浦・木村哲也)が、逃げの手に出て海外G1初制覇を飾った。2着にはウエストオーバー(牡4・英・R.ベケット)、3着にザグレイ(牡4・仏・Y.バルブロ)が入った。勝ちタイムは2:25.65。

 日本から参戦したシャフリヤール(牡5・栗東・藤原英昭)は5着、ウインマリリン(牝6・美浦・手塚貴久)は6着に敗れた。

【ドバイシーマクラシック】藤原英師「勝ち馬が強かった」シャフリヤールは5着

イクイノックス、海外G1初制覇

ドバイSC・イクイノックスとC.ルメール騎手 (C)Yushi Machida

1着 イクイノックス
C.ルメール騎手
「素晴らしい馬です。どんどん良くなっています。状態もフレッシュで関係者がよく仕上げてくれました。今日のような相手に強い競馬が出来て嬉しく思っています」

 日本の年度代表馬イクイノックスが、ドバイの地で圧巻のパフォーマンスを見せた。レースでは押し出されるような形で先手を取る格好となったが、マイペースで隊列を引っ張り直線ではライバルを圧倒する走り。そのままグングン後続を突き放し、ラストは楽々流す余裕を見せてのゴール。天皇賞・秋、有馬記念に次いでG1・3連勝を決めた。

【全着順】
1着 イクイノックス・日本
2着 ウエストオーバー・イギリス
3着 ザグレイ・フランス
4着 モスターダフ・イギリス
5着 シャフリヤール・日本
6着 ウインマリリン・日本
7着 レベルスロマンス・UAE
8着 ロシアンエンペラー・香港
9着 ボタニク・フランス
10着 セニョールトーバ・香港