13日、新潟競馬場で行われた10R・三国特別(4歳上1勝クラス・芝1600m)は、佐々木大輔騎乗の9番人気、スタニングスター(牝4・美浦・田村康仁)が勝利した。クビ差の2着にゴルトファルベン(牡6・栗東・吉村圭司)、3着にリュミエールノワル(牡4・美浦・上原佑紀)が入った。勝ちタイムは1:35.1(良)。

 1番人気で角田大和騎乗、アップストローク(せん4・美浦・杉浦宏昭)は6着、2番人気で菱田裕二騎乗、オーダーナチュラル(牡4・栗東・高橋亮)は11着敗退。

【新潟6R】藤田菜七子が今年の4勝目…鮮やかな逃げ切りV

大外から末脚炸裂

 佐々木大輔騎乗の良血馬、スタニングスターが2勝目をマークした。道中は後方でじっくりと末脚を温存し、長い直線の入り口から大外へ進出。横に大きく広がった隊列の大外から差し脚を伸ばし、9番人気の低評価を覆して見事に差し切った。同馬は2017年オークス馬、ソウルスターリングの全妹。

スタニングスター 7戦2勝
(牝4・美浦・田村康仁)
父:Frankel
母:Stacelita
母父:Monsun
馬主:社台レースホース
生産者:Teruya Yoshida