NAR地方競馬全国協会は、11月3日に開催されるJBC2023を記念して実施した、第6回地方競馬ファン投票について、最終結果を下記のとおり発表した。

 得票数第1位は、7828票のミックファイア(牡3・大井・渡邉和雄厩舎)。
 蹄の不安と闘いながら羽田盃、東京ダービーをレースレコードで圧勝。一躍ダート三歳路線の主役に躍り出ると、南関東三冠最終戦のジャパンダートダービーJpn1でも並み居る強豪を抑えて優勝。2001年のトーシンブリザード以来、史上2頭目の無敗の南関東三冠馬となった。秋初戦のダービーグランプリも勝利し、デビューから7連勝中で今後のダート路線を牽引することが期待される一頭。

 第2位は、6648票でイグナイター(牡5・兵庫・新子雅司厩舎)。
 昨年は黒船賞Jpn3とかきつばた記念Jpn3を制し、常にトップクラスの相手と戦って結果を残したことが評価され、2022年NARグランプリ年度代表馬に選定された。本年はさきたま杯Jpn2を制し、Road to JBCのマイルチャンピオンシップ南部杯Jpn1でもレモンポップ(JRA)の2着に健闘。ダートグレード競走3勝馬の実力を示している。11月3日のJBCスプリントJpn1への出走が予定されており、念願のG1勝利を目指す。

 第3位は、4618票を獲得したヒーローコール(牡3・浦和・小久保智厩舎)。
 2歳時に鎌倉記念を制し、全日本2歳優駿Jpn1でも地方最先着の4着に健闘。この活躍で2022年NARグランプリ2歳最優秀牡馬に選定された。南関東三冠路線の羽田盃と東京ダービーは、いずれもミックファイアの2着と悔しいレースが続いたが、8月の黒潮盃を快勝し、続く戸塚記念でも強気の競馬で2着馬に6馬身差で勝利と、圧巻のパフォーマンスを見せてその強さを印象付けた。

【ダービーグランプリ】御神本「なんとか凌いでくれて感謝しかありません」ミックファイア連勝を7に伸ばす

1位は南関無敗の三冠馬

●第6回地方競馬ファン投票 最終結果(上位20頭)
1 ミックファイア(大井)7828票
2 イグナイター(兵庫)6648票
3 ヒーローコール(浦和)4618票
4 スピーディキック(浦和)2551票
5 マンダリンヒーロー(大井)2544票
6 セイカメテオポリス(大井)1819票
7 ユメノホノオ(高知)1468票
8 ラッキードリーム(兵庫)1430票
9 ギシギシ(大井)1180票
10 スマイルウィ(船橋)1149票
11 ギガキング(船橋)1026票
12 スワーヴアラミス(大井)984票
13 ショウガタップリ(金沢)969票
14 ジンギ(兵庫)864票
15 ランリョウオー(浦和)737票
16 オヌシナニモノ(金沢)651票
17 キモンルビー(船橋)629票
18 カジノフォンテン(船橋)619票
19 ヒストリーメイカー(佐賀)519票
20 アポロティアモ(高知)495票