11月19日、東京競馬場で行われた9R・赤松賞(2歳1勝クラス・牝・芝1600m)は、T.マーカンド騎乗の1番人気、ステレンボッシュ(牝2・美浦・国枝栄)が勝利した。3/4馬身差の2着にテリオスサラ(牝2・美浦・高柳瑞樹)、3着にオメガウインク(牝2・美浦・大和田成)が入った。勝ちタイムは1:33.8(良)。

 2番人気で三浦皇成騎乗、セキトバイースト(牝2・栗東・四位洋文)は、5着敗退。

【新馬/東京4R】アロゲート産駒 タイセイリアルが4馬身差圧勝

エピファネイア産駒

 T.マーカンド騎乗の1番人気、ステレンボッシュが力強く抜け出して2勝目をマークした。道中は中団外目を進出。外目を回されながらも直線ではしっかりとした伸び脚で、坂を登って先頭に立つと、そのまま押し切っての完勝だった。

ステレンボッシュ 3戦2勝
(牝2・美浦・国枝栄)
父:エピファネイア
母:ブルークランズ
母父:ルーラーシップ
馬主:吉田勝己
生産者:ノーザンファーム