11月22日、園田競馬場で行われた交流G3・兵庫ジュニアグランプリは、イーグルノワールが交流重賞初制覇。ゴール前は同じJRAのサトノフェニックスとの一騎打ちで、見事に競り落とした。

兵庫ジュニアグランプリ、勝利ジョッキーコメント
1着 イーグルノワール
松山弘平騎手
「馬が本当によく頑張ってくれたなと、嬉しい気持ちです。返し馬から行きっぷりも良かったですし、馬はもう本当にやる気になっていました。ただ、今回コーナー4つで小回りというところで、少し忙しいんじゃないかなと思ってたんですけれども、スタートもしっかり出てくれましたし、その後も上手にレースしてくれて、しっかり園田競馬場っていうのにも対応してくれたなと思います。(位置取りは)何頭か行かして、その後ろで見ながらいい形だったと思います。あんまりコーナーで動くっていうよりは、しっかりそこは抱えながら行きたいなと思っていたので、焦りはなかったですし、直線向いてしっかり最後もう1度交わしてくれたので、強かったですし、馬に感謝したいと思います。(最後の直線は)力強い伸びだったと思います。また園田競馬場で勝たせていただいて、馬にも感謝してますし、関係者の皆様にも感謝してます。本当にありがとうございます。これからまだまだ良くなっていく馬だと思いますし、これから先も楽しみだと思います。(距離は)今日1400にもしっかり対応してくれましたし、いろんな距離対応できるんじゃないかなと思います。今日はありがとうございました。また、強い競馬見せれるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。ありがとうございます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11月22日、園田競馬場で行われた11R・兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2・2歳オープン・ダ1400m)は、松山弘平騎乗の1番人気、イーグルノワール(牡2・栗東・音無秀孝)が勝利した。ハナ差の2着に2番人気のサトノフェニックス(牡2・栗東・西園正都)、3着に5番人気のゼルトザーム(牡2・栗東・加用正)が入った。勝ちタイムは1:29.4(良)。

 3番人気で吉村智洋騎乗、トラジロウ(牡2・北海道・角川秀樹)は、7着敗退。

【浦和記念】ミトノオーは2枠2番へ

ゴール前は大接戦

兵庫ジュニアグランプリ・イーグルノワールと松山弘平騎手 (C)兵庫県競馬組合

 松山弘平騎乗の1番人気、イーグルノワールが3連勝を決めた。4コーナー過ぎからサトノフェニックスとの一騎打ちに。馬体を併せた追い比べはゴールまで続き、内から僅かに抜け出したイーグルノワールに軍配が上がった。

イーグルノワール 4戦3勝
(牡2・栗東・音無秀孝)
父:ブリックスアンドモルタル
母:アルティマブラッド
母父:シンボリクリスエス
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 イーグルノワール 松山弘平
2着 サトノフェニックス 和田竜二
3着 ゼルトザーム 浜中俊
4着 ストリーム 田中学
5着 ミトノウォリアー 岡部誠
6着 オーキッドロマンス 内田博幸
7着 トラジロウ 吉村智洋
8着 カプセル 落合玄太
9着 タリスマン 伊藤工真
10着 ラブミーテキーラ 大山真吾
11着 デリシャスパーティ 山本咲希
12着 ヴァリオ 山田雄大