11月26日、東京12Rで行われた第43回ジャパンカップ(3歳上オープン・G1・芝2400m・18頭立て・1着賞金=5億円)は、C.ルメール騎乗の1番人気、イクイノックス(牡4・美浦・木村哲也)がG1・6連勝を決めた。勝ちタイムは2分21秒8(良)。

 2着に2番人気のリバティアイランド(牝3・栗東・中内田充正)、3着に5番人気のスターズオンアース(牝4・美浦・高柳瑞樹)が入った。

【ジャパンカップ】ルメール「感動しました」イクイノックスがG1・6連勝

世界最強を証明

2023ジャパンカップ・イクイノックスとC.ルメール騎手

 ロンジンワールドベストレースホースランキングで世界1位を獲得しているイクイノックスが、断然の1番人気応えてG1・6連勝。世界最強に相応しい走りを披露した。レースではパンサラッサが予告通りの思い切った逃げを展開。道中は離れた3番手から虎視眈々と機を伺った。直線入り口でも大きく離れた3番手のまま。慌てることなく前を追いかけ、坂の途中で先頭に立つと、後続をぶっちぎっての完勝。2着以下に4馬身差と圧倒的な力の差を見せつけた。同馬を勝利に導いた殊勲のルメール騎手は「イクイノックスは改めて凄かったです。凄くいい競馬を見せてくれました。世界一になりました」と、世界最強馬の走りを讃えた。

 総獲得賞金17億1158万2100円を稼ぎ出していたイクイノックスは、この勝利で5億円を加算。史上初めて20億円の大台を突破、これまで歴代総獲得賞金1位だったアーモンドアイ(19億1526万3900円)を抜いてダントツの1位に躍り出た。さらには今年のドバイシーマクラシックを勝利しているため、1着200万米ドル(約3億円)の褒賞金(JRAから指定外国競走の優勝馬に与えられる賞金)の交付も見込まれる。

 ジャパンカップを勝ったイクイノックスは、父キタサンブラック、母シャトーブランシュ、母の父キングヘイローという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は10戦8勝。重賞は2021年東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)、22年天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)、23年ドバイシーマクラシック(G1)、宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)に次いで7勝目。鞍上のC.ルメール騎手は同レース4勝目、管理する木村哲也調教師は初勝利。

【全着順】
1着 イクイノックス C.ルメール
2着 リバティアイランド 川田将雅
3着 スターズオンアース W.ビュイック
4着 ドウデュース 戸崎圭太
5着 タイトルホルダー 横山和生
6着 ダノンベルーガ J.モレイラ
7着 ヴェラアズール H.ドイル
8着 スタッドリー T.マーカンド
9着 イレジン M.ヴェロン
10着 ディープボンド 和田竜二
11着 ショウナンバシット M.デムーロ
12着 パンサラッサ 吉田豊
13着 インプレス 三浦皇成
14着 フォワードアゲン 黛弘人
15着 ウインエアフォルク 藤田菜七子
16着 トラストケンシン 荻野極
17着 チェスナットコート 田辺裕信
18着 クリノメガミエース 吉村智洋