12月9日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)は、田辺裕信騎乗の1番人気、ドリーミーデイ(牝2・美浦・久保田貴士)が快勝した。2馬身差の2着にミサトベレーザ(牝2・美浦・勢司和浩)、3着にゲンブ(牡2・美浦・高木登)が入った。勝ちタイムは1:35.4(良)。

 2番人気で北村宏司騎乗、ルージュラフェリア(牝2・美浦・尾関知人)は、7着敗退。

【中日新聞杯】ヤマニンサルバムが重賞初制覇…好位から抜け出す

亡き母に捧げる勝利

 田辺裕信騎乗の1番人気、ドリーミーデイが嬉しいデビューVを飾った。母は今年8月に他界した2011年の凱旋門賞馬・デインドリーム。レースでは好スタート好ダッシュを決めたドリーミーデイがハナへ。マイペースに持ち込んで最後の直線でも脚色衰えることなく2馬身差をつける完勝だった。

ドリーミーデイ 1戦1勝
(牝2・美浦・久保田貴士)
父:Le Havre
母:デインドリーム
母父:Lomitas
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム