2月4日、京都競馬場で行われたG3・きさらぎ賞(3歳・芝1800m)は、ゴール前の大激戦を制してビザンチンドリームが人気に応え、人馬共に重賞初制覇、同馬はデビュー2連勝を飾った。

きさらぎ賞、勝利ジョッキーコメント
1着 ビザンチンドリーム
R.ピーヒュレク騎手
「負けてたと思っていました。ちょっと遅かったかなと思ったので、この結果にはちょっと驚いてます。まずはこの勝利出来たことは、関係者の皆さん、オーナーや厩舎、調教師の皆さんのおかげです。そして、JRAの皆さんにサポートしてもらって、こういう勝利を迎えられたので本当に嬉しいです。きょうはゲートは上手に出たんですけど、自分のバランスを掴むまでちょっと時間かかりました。この馬は本当に良い馬だと思います。彼自身、素晴らしい終いの脚があるのは分かっていたので、それを信じて乗りました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 2月4日、京都競馬場で行われた11R・きさらぎ賞(G3・3歳オープン・芝1800m)は、R.ピーヒュレク騎乗の1番人気、ビザンチンドリーム(牡3・栗東・坂口智康)が勝利した。ハナ差の2着に10番人気のウォーターリヒト(牡3・栗東・河内洋)、3着に8番人気のシヴァース(牡3・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは1:46.8(良)。

 2番人気で川田将雅騎乗、ファーヴェント(牡3・栗東・藤原英昭)は6着、3番人気で松山弘平騎乗、ジャスティンアース(牡3・栗東・杉山晴紀)は5着敗退。

【新馬/阪神5R】エピファネイア産駒 ビザンチンドリームが3馬身差完勝

大混戦のゴール前

きさらぎ賞・ビザンチンドリーム (C)masamasa

 R.ピーヒュレク騎乗の1番人気、ビザンチンドリームが大混戦のゴール前を制した。直線の攻防は圧巻、内からウォーターリヒト、シヴァースが並ぶようにゴールしたところを、見えない大外から豪快にビザンチンドリームが飛び込んで来た。写真判定の結果はハナ差でビザンチンドリームに軍配が上がった。また鞍上のピーヒュレク騎手共々、人馬で嬉しい重賞初制覇となった。

ビザンチンドリーム 2戦2勝
(牡3・栗東・坂口智康)
父:エピファネイア
母:ジャポニカーラ
母父:ジャングルポケット
馬主:吉田和美
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ビザンチンドリーム R.ピーヒュレク
2着 ウォーターリヒト 幸英明
3着 シヴァース M.デムーロ
4着 インザモーメント 鮫島克駿
5着 ジャスティンアース 松山弘平
6着 ファーヴェント 川田将雅
7着 ブエナオンダ 武豊
8着 レガーロデルシエロ A.ルメートル
9着 テイエムリステット 酒井学
10着 ナムラエイハブ 和田竜二
11着 ピエナオルフェ 川島信二
競走中止 ヴェロキラプトル 西村淳也