2月11日、東京競馬場で行われた9R・初音ステークス(4歳上3勝クラス・芝1800m)は、岩田望来騎乗の5番人気、コンクシェル(牝4・栗東・清水久詞)が快勝した。3馬身差の2着にホウオウラスカーズ(牝6・美浦・高木登)、3着に2番人気のスミ(牝5・栗東・高橋亮)が入った。勝ちタイムは1:45.5(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、カーペンタリア(牝5・美浦・木村哲也)は、11着敗退。

【あすなろ賞】断然人気サトノシュトラーセが接戦を制する

単勝1.7倍カーペンタリアは11着

 岩田望来騎乗の5番人気、コンクシェルが直線影をも踏ませぬ独走で嬉しい4勝目をマークした。道中2番手から鮮やかな抜け出しだった。また、断然の人気に推されたカーペンタリアはスタートで出負け。後方のまま見せ場なくまさかの11着に敗れた。

コンクシェル 15戦4勝
(牝4・栗東・清水久詞)
父:キズナ
母:ザナ
母父:Galileo
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ