2月17日、東京競馬場で行われた金蹄ステークス(4歳上3勝クラス・ダ2100m)は、断然人気のクールミラボーが快勝。単勝1.8倍の支持に応えてオープン入りを果たした。

1着 クールミラボー
C.ルメール騎手
「追い出しての反応も良くいい伸びでした。先頭に立ってフワッとするようなところがありましたが、そんなに問題なかったです。この先も楽しみです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 2月17日、東京競馬場で行われた10R・金蹄ステークス(4歳上3勝クラス・ダ2100m)は、C.ルメール騎乗の1番人気、クールミラボー(牡4・栗東・寺島良)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にグリューヴルム(牡5・栗東・大久保龍志)、3着にホウオウバリスタ(牡5・美浦・稲垣幸雄)が入った。勝ちタイムは2:11.1(良)。

 2番人気で秋山真一郎騎乗、ルクスフロンティア(牡4・栗東・松永幹夫)は、8着敗退。

【京都牝馬S】武豊ソーダズリングが重賞初制覇

ドレフォン産駒

金蹄S・クールミラボーとC.ルメール騎手 (C)yasu

 C.ルメール騎乗の1番人気、クールミラボーがオープン入りを果たした。道中は中団で折り合いをつけて虎視眈々と進出。直線までリズムよく運ぶと、最後までしっかりとした脚取りで抜け出した。また、鞍上のルメール騎手はこの勝利で8.9.10Rを決めて絶好調。

クールミラボー 11戦4勝
(牡4・栗東・寺島良)
父:ドレフォン
母:サンソヴール
母父:キングカメハメハ
馬主:G1レーシング
生産者:ノーザンファーム