2月18日、小倉競馬場で行われた5R・3歳未勝利(芝2000m)は、小沢大仁騎乗の16番人気、ラブカ(牡3・栗東・今野貞一)と、鮫島克駿騎乗の2番人気、マイノワール(牡3・栗東・笹田和秀)が同着で勝利した。1馬身差の3着にはクインズスピカ(牝3・美浦・村田一誠)が入った。勝ちタイムは2:00.7(良)。

 1番人気で浜中俊騎乗、ホウオウトランプ(牡3・栗東・池江泰寿)は、6着敗退。

【新馬/京都4R】ロードカナロア産駒 キングヴァージルがデビュー勝ち

内外並んでゴール

 ゴール前では小沢大仁騎乗の16番人気、10番ラブカと、鮫島克駿騎乗の2番人気、13番マイノワールが内外並んでゴール。写真判定の結果はまさかの同着で軍配を分けた。さらには 3着に10番人気、1番クインズスピカが入り、3連単は大荒れ。10-13-1の組み合わせで435万9890円、13-10-1の組み合わせで89万7680円と高配当が飛び出した。

ラブカ 2戦1勝
(牡3・栗東・今野貞一)
父:リアルスティール
母:ミヤジマミー
母父:ヴィクトワールピサ
馬主:古賀 慎一
生産者:村中牧場

マイノワール 4戦1勝
(牡3・栗東・笹田和秀)
父:マインドユアビスケッツ
母:チカノワール
母父:ハービンジャー
馬主:松島一晃
生産者:フジワラフアーム