2月18日、高知競馬場で行われた5R・土佐有楽特別(3歳・ダ1400m)は、吉原寛人騎乗の1番人気、シンメデージー(牡3・高知・打越勇児)が快勝した。5馬身差の2着にホーリーバローズ(牡3・高知・別府真司)、3着に2番人気のバウンティキャット(牝3・高知・打越勇児)が入った。勝ちタイムは1:31.8(稍重)。

 レースは、バウンティキャットを先頭に、シンメデージー、テイクノートが続く、縦長の展開となった。向こう正面、先頭のバウンティキャットに、徐々に差を詰めていくシンメデージー。直線にはいると、後続を突きはなし、2着ホーリーバローズに5馬身差をつける手応え十分の勝利となった。

【高知・だるま夕日賞】モダスオペランディがハナ差V…断然人気ロードブレスを凌ぐ

4戦4勝

1着 シンメデージー
吉原寛人騎手
「今回は、調教からさせてもらって、馬とのコンタクトも取れていました。その分スタートも決めれたし、レース内容としても最高のパフォーマンスが出来ました。(この馬にとって)次の重賞が目標なので、ここをしっかり勝てたことが嬉しい。(シンメデージーのセールスポイントは)エンジンかかってからの息のながい脚ですね。負けなしの4連勝で、まだ底を見せてない。これから先は相手も強くなってきますが、盛り上げていきたいです」

シンメデージー 4戦4勝
(牡3・高知・打越勇児)
父:コパノリッキー
母:イズミコマンダー
母父:コマンダーインチーフ
馬主:楠昌史
生産者:タガミファーム

【全着順】
1着 シンメデージー
2着 ホーリーバローズ
3着 バウンティキャット
4着 エーステンペスト
5着 イッセーノーデ
6着 テイクノート
7着 リワードシデン
8着 シシノブレイブ
9着 スノーシャドゥ
10着 シュクメルリ
11着 メイジョウソリッド
12着 アルク