2月22日、地方競馬全国協会は地方競馬で活躍した競走馬や厩舎関係者を表彰する「NARグランプリ2023」を、都内ホテルで開催。2年連続年度代表馬に選ばれたイグナイター(牡6・兵庫・新子雅司)を始め、南関無敗の三冠馬となったミックファイア(牡4・大井・渡邉和雄)など、各部門に選出された関係者の表彰式が行われた。3歳最優秀牡馬に選出された、ミックファイアの渡邉和雄調教師コメントは以下のとおり。

【NARグランプリ】御神本訓史騎手「色褪せずに鮮明に覚えています」ミックファイア3歳最優秀牡馬

「JRA・G1に挑戦していきたい」

渡邉和雄調教師コメント
「羽田盃は舞台まで辿り着けるか不安でした、東京ダービーは緊張したレースでした、ジャパンダートダービーは思いのほか楽しめたというか、交わしてくれるなというところか夢のような時間でした。無敗で三冠取れるとは夢にも思ってなかったです。(フェブラリーステークス)全能力出せればやれると思っていたので、満足はしていませんが、初めての芝スタート、久々の1600、内枠で揉まれる競馬も初めてでしたので、厳しい条件を考えれば希望の持てる内容だったと思います。今年はチャレンジャーの立場だと思っています。オーナーはじめ、東京競馬場の雰囲気も感動しました。条件噛み合わない中であれだけできたので、なんとかJRA・G1に挑戦していきたいという意思も確認できましたので、12月の中京競馬場チャンピオンズカップを今年の最大の目標で、体調も、実績も作って取れたらいいなとあとに話していました。去年は素晴らしい応援をいただいたことでいい結果を出せたと思います。会場に見かけるファンを見かけると胸の熱くなる思いでした。まだまだ越えないといけないハードルありますが、可能性のたくさんある馬だと思いますので、暖かく見守って応援してくれたらと思います」