3月17日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアルG2・スプリングステークス(芝1800m)は、1番人気のシックスペンスが圧巻の走りで無傷の3連勝を決めた。このレースの1着〜3着馬には皐月賞(4月14日・中山・G1・芝2000m)への優先出走権が与えられる。

スプリングS、勝利ジョッキーコメント
1着 シックスペンス
C.ルメール騎手
「向こう正面で風が強いですからペースが落ちましたね。でも馬の後ろでちょうど良いポジションが取れました。その後はペースはそんなに速くなかったので、早めに大外に出しました。馬の反応が強かったです。距離伸ばしたら彼にとって全然問題ないと思います。とても乗りやすい馬ですから、2000m、2000m以上は絶対いけると思います。(今年重賞初勝利ということで)カメラの前はちょっと久しぶりですから、今日すごく嬉しく思います。この馬は今日で3戦3勝、とても能力があると思います。今日は楽に伸びてくれました。やっぱり上のクラスに行けると思いますし、すごく良い3歳馬です」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3月17日、中山競馬場で行われた11R・スプリングステークス(G2・3歳オープン・牡牝・芝1800m)は、C.ルメール騎乗の1番人気、シックスペンス(牡3・美浦・国枝栄)が快勝した。3.1/2馬身差の2着に9番人気のアレグロブリランテ(牡3・美浦・上原佑紀)、3着に4番人気のルカランフィースト(牡3・美浦・鹿戸雄一)が入った。勝ちタイムは1:49.4(良)。

 2番人気で幸英明騎乗、ウォーターリヒト(牡3・栗東・河内洋)は9着、3番人気で坂井瑠星騎乗、ジュンゴールド(牡3・栗東・友道康夫)は10着敗退。

【阪神大賞典】菱田「スピード衰えることなく走ってくれた」テーオーロイヤルが圧勝

キズナ産駒

スプリングS・シックスペンスとC.ルメール騎手

 C.ルメール騎乗の1番人気、シックスペンスが無傷の3連勝を決めて皐月賞への優先出走権を獲得した。レースはゆったりとした前有利の展開に。好位3番手と絶好の位置で立ち回ったシックスペンスは、直線で抜群の脚色で抜け出した。ライバルを圧倒して終わってみれば3馬身半差の圧勝。皐月賞へ向けて楽しみな存在が現れた。

シックスペンス 3戦3勝
(牡3・美浦・国枝栄)
父:キズナ
母:フィンレイズラッキーチャーム
母父:Twirling Candy
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 シックスペンス C.ルメール
2着 アレグロブリランテ 横山和生
3着 ルカランフィースト 横山武史
4着 チャンネルトンネル 松岡正海
4着 コスモブッドレア 石川裕紀人
6着 スティンガーグラス 戸崎圭太
7着 ペッレグリーニ 岩田康誠
8着 ログラール 北村友一
9着 ウォーターリヒト 幸英明
10着 ジュンゴールド 坂井瑠星