JRAのシークレットキーは離れた6番手付近を追走から直線で追い上げるも4着までとなった。前半から追走が忙しく、向こう正面でも追っ付け通しでやや厳しい展開に。それでも直線ではじわじわと前との差を詰めていき4着入線。地力は見せた。

4着 シークレットキー
笹川翼騎手
「ちょっと不利もありましたし、上手くはいかなかった部分はありますけど、将来性ある馬で、まだまだこれから良くなってくると思います。きょうの競馬は必ずしもマイナスにはならないかなと思いますし、順調に成長していってくれればと思います。それだけにもう少しスムーズにいきたかったのですが競馬なのでしょうがないですね。先がある馬ですし楽しみだと思います」

レース結果、詳細は下記のとおり。

 3月20日、大井競馬場で行われた11R・京浜盃(Jpn2・ダ1700m・9頭立て・1着=3000万円)は、服部茂史騎乗の3番人気、サントノーレ(牡3・大井・荒山勝徳)が7馬身差で圧勝。2着に2番人気のアンモシエラ(牝3・栗東・松永幹夫)、3着にハビレ(牡3・美浦・武井亮)が入った。勝ちタイムは1:48.7(良)。このレースは今年から始まるダート三冠競走の一冠目、羽田盃(4月24日・大井・Jpn1・ダ1800m)の優先出走権が与えられるステップレース。

直線は独走

京浜盃・サントノーレ(C)Hiroki Homma

 大井所属のサントノーレが圧巻の走りでJRA勢を撃破。ダート三冠競走、羽田盃へ向けて視界良好だ。直線では完全な一人旅で他馬を完封。2着のアンモシエラに7馬身差とまったく寄せ付けなかった。このレースは5着以内に入った地方馬上位2頭、中央馬上位2頭に羽田盃(4月24日・大井・Jpn1・ダ1800m)の優先出走権が付与される。

サントノーレ 8戦4勝
(牡3・大井・荒山勝徳)
父:エピカリス
母:リンガスウーノ
母父:サウスヴィグラス
馬主:(株)ラ・メール
生産者:松浦牧場

【全着順】
1着 サントノーレ 服部茂史
2着 アンモシエラ 坂井瑠星
3着 ハビレ B.ムルザバエフ
4着 シークレットキー 笹川翼
5 着 ティントレット 森泰斗
6着 マッシャーブルム 矢野貴之
7着 フジマサテイオー 和田譲治
8着 パッションクライ 桑村真明
9着 ブラックバトラー 落合玄太