3月21日に大井競馬場で行われた第10R・C2六・七・八において普通馬複の配当が66万3070円となり、地方競馬における普通馬複の配当レコードを更新した。
 
 レースは、吉井章騎乗の13番人気、サブノユウゼン(牝5・大井・立花伸)がクビ差で勝利。2着に12番人気のトーセンアマンダ(牝6・大井・久保田信之)、3着に2番人気のルックスライクユー(牡5・大井・米田英世)が入った。

【TCK】矢野貴之騎手が地方通算2500勝…「反省点も多くある」

3連単は754万円を超える

 単勝オッズ263.2倍の人気薄、馬複66万3070円、馬単92万9560円、3連複89万8570円、3連単は754万6400円と高配当となった。

 これまでの地方競馬の普通馬複最高配当は、2010年12月21日に園田競馬場で行われた第3Rの53万6750円。また、大井競馬での普通馬複最高配当は、2020年1月24日第7Rの39万8660円となっている。