3月23日、中山競馬場で行われたG2・日経賞(芝2500m)は、4番人気のシュトルーヴェが重賞初制覇。ゴール前の大混戦から抜け出した。

1着 シュトルーヴェ
鮫島克駿騎手
「直線は追い比べで抜け出してきたあたり、すごい乗ってても楽しいレースでしたし、馬の力強さに感動したレースでした。先生、厩舎スタッフの人ともリズムよく運んで行こうっていうことでしたし、ちょっと縦長の展開でしたけど、僕と馬の空間だけを意識してリズムよく運べました。僕も今日が初めての騎乗だったので、普段乗られてる方に色々話を聞いて対策しました。(右回りは)特に問題はなかったです。今後どの路線に進むかは僕は分からないですけども、非常にレースセンスの良さ、乗っててもすごい乗りやすいですし、何も癖がないのが良いところかなとは思います。最後しっかり切れるっていうところも長所だと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3月23日、中山競馬場で行われた11R・日経賞(G2・4歳上オープン・芝2500m)は、鮫島克駿騎乗の4番人気、シュトルーヴェ(せん5・美浦・堀宣行)が勝利した。1/2馬身差の2着に2番人気のクロミナンス(牡7・美浦・尾関知人)、3着に3番人気のマイネルウィルトス(牡8・栗東・宮徹)が入った。勝ちタイムは2:31.4(良)。

 1番人気で浜中俊騎乗、ボッケリーニ(牡8・栗東・池江泰寿)は、5着敗退。

【毎日杯】坂井瑠「この馬のリズムで運んだ」メイショウタバルが重賞初制覇

重賞初制覇

 鮫島克駿騎乗の4番人気、シュトルーヴェが力強い差し切りで重賞初制覇を決めた。レースではマテンロウレオが大逃げを見せる展開で場内は騒然。波乱を予感させる展開の中、3コーナー付近で一気に馬群が詰まっていくと、人気のボッケリーニは早めに外から進出。馬群は一団となって直線の攻防を迎えた。マテンロウレオが逃げ粘る中で、ボッケリーニが抜け出す構えを見せたが、坂を登ってから後続も猛追。ゴール前ではシュトルーヴェが馬群を割るように抜け出し、大混戦に終止符を打った。

シュトルーヴェ 11戦5勝
(せん5・美浦・堀宣行)
父:キングカメハメハ
母:アンチュラス
母父:ディープインパクト
馬主:村木克子
生産者:追分ファーム

【全着順】
1着 シュトルーヴェ 鮫島克駿
2着 クロミナンス 戸崎圭太
3着 マイネルウィルトス 横山武史
4着 マテンロウレオ 横山典弘
5着 ボッケリーニ 浜中俊
6着 アドマイヤハレー 丹内祐次
7着 ヒートオンビート 石川裕紀人
8着 サザンナイツ 津村明秀
9着 ウインエアフォルク 原優介
10着 ホウオウリアリティ 大野拓弥