4月3日、川崎競馬場で行われた交流G1・川崎記念(ダ2100m)は、川崎競馬所属のライトウォーリアが中央勢を撃破。ゴール前では3頭横並びで飛び込んだが、アタマ差凌いで嬉しい勝利を飾った。

川崎記念、勝利ジョッキーコメント
1着 ライトウォーリア
吉原寛人騎手
「声援がすごくて、ちょっと涙出てきますけど、ほんとによく走ってくれましたね。前回ちょっと引っかかりすぎた部分があったので、今日の馬の出来もピカイチで、今までにない以上の仕上がりがあったので、あまりこうアクション強いとかかりすぎてしまうなっていうので、そこら辺はすごく丁寧にハナ切るのにも工夫しました。手応えが全然違ったんですけど、なんとか4コーナーまで出口まで踏ん張ってくれれば、またワンチャンスあるなと思って乗ってたんですけど、その通りにまくり切られずに4コーナー回れたので、そこがでかかったですね。一瞬ちょっと危なかったんですけど、こっちも直線もう一踏ん張りする馬なので、なんとか凌いでくれと直線長かったんですけど。最後ちょっとクビ出たまま50mほど走っていたので、なんとかこのままっていうことで、熱かったですね。全場制覇するという夢も叶って、そしてこの川崎記念を勝てたことは、ほんとにちょっと感慨深いものがありますね。今日は応援ありがとうございました。気持ちいいっすね。最高です。ファンの皆様のほんとにおかげで今日勝つことができました。また是非応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4月3日、川崎競馬場で行われた11R・川崎競馬(Jpn1・4歳上オープン・ダ2100m)は、吉原寛人騎乗の7番人気、ライトウォーリア(牡7・川崎・内田勝義)が快勝した。アタマ差の2着に5番人気のグランブリッジ(牝5・栗東・新谷功一)、3着に4番人気のアイコンテーラー(牝6・栗東・河内洋)が入った。勝ちタイムは2:15.5(重)。

 1番人気でB.ムルザバエフ騎乗、セラフィックコール(牡4・栗東・寺島良)は5着、2番人気で坂井瑠星騎乗、グロリアムンディ(牡6・栗東・大久保龍志)は9着敗退。

【動画】川崎記念を勝利したライトウォーリア

3頭横並びでゴール

川崎記念・ライトウォーリアと吉原寛人騎手 (C)Yushi Machida

 吉原寛人騎乗の7番人気、ライトウォーリアがゴール前の大接戦を制した。レースでは先手を奪って手応えを残して直線勝負へ。一旦先頭を譲る場面もあったが、再び盛り返して素晴らしい勝負根性を発揮。ゴール前で僅かに残して中央勢を撃破した。

ライトウォーリア 30戦9勝
(牡7・川崎・内田勝義)
父:マジェスティックウォリアー
母:スペクトロライト
母父:ディープインパクト
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ライトウォーリア 吉原寛人
2着 グランブリッジ 川田将雅
3着 アイコンテーラー 松山弘平
4着 ディクテオン 本田正重
5着 セラフィックコール B.ムルザバエフ
6着 ノットゥルノ 武豊
7着 シルトプレ 石川倭
8着 デルマルーヴル 山崎誠士
9着 グロリアムンディ 坂井瑠星
10着 キャッスルブレイヴ 西啓太
11着 エブリワンブラック 藤本現暉