4月6日、中山競馬場で行われたNHKマイルカップへのトライアルレースG2・ニュージーランドトロフィー(芝1600m)は、エコロブルームが重賞初制覇。鮮やかな差し切りを見せた。

ニュージーランドT、勝利ジョッキーコメント
1着 エコロブルーム
横山武史騎手
「加藤先生とも事前に話して、この馬のリズムよく、ポジションはもうどこでもいいということで、あくまでリズムを大事にということだったので、 自然と楽に先団も取れましたし、ちょっと噛むシーンはありましたけど、馬がよく我慢してくれて最後は良いはじけっぷりだったと思います。直線向いてから1回内を狙いかけたんですけど、ちょっとそこは僕の判断ミスで、少し軽く引っ張るシーンはありました。そこからまた再加速できたのは馬の力だと思いますし、最後はほんと馬に助けられました。調教に乗せてもらった時からすごくいい柔らかみがあって、完成自体はまだまだ先かなという成長途上の段階ではあるんですけど、 すごくいい背中をしていたので、ここも期待していましたし、この悪い馬場もへっちゃら顔で走ってくれたので素晴らしいと思います。NHKマイルであったり、今後も色々重賞だったり、G1とかあると思いますけど、チャンスある馬なんじゃないかなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4月6日、中山競馬場で行われた11R・ニュージーランドトロフィー(G2・3歳オープン・牡牝・芝1600m)は、横山武史騎乗の3番人気、エコロブルーム(牡3・美浦・加藤征弘)が勝利した。3/4馬身差の2着に1番人気のボンドガール(牝3・美浦・手塚貴久)、3着に9番人気のユキノロイヤル(牡3・美浦・小野次郎)が入った。勝ちタイムは1:34.4(稍重)。

 2番人気でM.デムーロ騎乗、キャプテンシー(牡3・栗東・松永幹夫)は、16着敗退。

【写真】ニュージーランドトロフィー

上位3頭までにNHKマイルカップ優先出走権

ニュージーランドT・ボンドガールと武豊騎手

 横山武史騎乗の3番人気、エコロブルームが鮮やかな差し切りを見せて重賞初制覇を飾った。このレースの1〜3着馬にはNHKマイルカップ(5月5日・東京)への優先出走権が与えられる。レースでは中団前目の位置から坂を登って鋭く抜け出した。1番人気に支持された武豊騎乗、ボンドガールは内から伸びて2着まで。

エコロブルーム 4戦2勝
(牡3・美浦・加藤征弘)
父:ダイワメジャー
母:シュガーショック
母父:Candy Ride
馬主:原村正紀
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 エコロブルーム 横山武史
2着 ボンドガール 武豊
3着 ユキノロイヤル 石橋脩
4着 カズミクラーシュ 菅原明良
5着 ドリーミングアップ 吉田豊
6着 クリーンエア 松岡正海
7着 エイムフォーエース 森泰斗
8着 オーサムストローク 田辺裕信
9着 エンヤラヴフェイス 北村宏司
10着 スパークリシャール 浜中俊
11着 ルージュスエルテ 横山和生
12着 シャインズオンユー 石川裕紀人
13着 サトミノキラリ 内田博幸
14着 デビッドテソーロ 原優介
15着 ブライトマン 三浦皇成
16着 キャプテンシー M.デムーロ