4月20日、福島競馬場で行われたG3・福島牝馬ステークス(芝1800m)は、コスタボニータが重賞初制覇を飾った。また、3コーナー付近ではライトクオンタム吉田隼人騎手、シンリョクカ木幡初也騎手は落馬競走中止となっている。

福島牝馬S、勝利ジョッキーコメント
1着 コスタボニータ
岩田望来騎手
「4コーナーから直線にかけてあまりスムーズではなかったんですけど、馬が最後にひと伸びしてくれました。1週前追い切りに乗せてもらった時から返し馬に行く時まで、すごいいい雰囲気でレースに迎えられたんじゃないかなと思っています。今日の馬場状態的には内側が有利っていうのも分かってましたし、金曜日に枠が出た時点でいい勝負できるんじゃないかなと思ってました。外出した時に2着かなと思ったんですけど、ほんとに最後の一ハロン切ったぐらいで、馬がすごい頑張ってくれたので、馬に感謝したいと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4月20日、福島競馬場で行われた11R・福島牝馬ステークス(G3・4歳上オープン・牝・芝1800m)は、岩田望来騎乗の1番人気、コスタボニータ(牝5・栗東・杉山佳明)が勝利した。クビ差の2着に8番人気のフィールシンパシー(牝5・美浦・小島茂之)、3着に5番人気のウインピクシス(牝5・美浦・上原博之)が入った。勝ちタイムは1:46.9(良)。

 2番人気で横山武史騎乗、グランベルナデット(牝4・美浦・大竹正博)は11着敗退、3番人気で木幡初也騎乗、シンリョクカ(牝4・美浦・竹内正洋)は落馬し競走中止となっている。

【東京6R】イスラボニータ産駒 コスタボニータが快勝

イスラボニータ産駒

 岩田望来騎乗の1番人気、コスタボニータが嬉しい重賞初制覇を飾った。直線では最内でやや詰まりかけたところから、外へ切り返してもうひと伸び。厳しいところから勝負根性を発揮してゴール寸前で見事に差し切った。また、向こう正面では3コーナーにかけてややごちゃつく展開となり、ライトクオンタム吉田隼人騎手、シンリョクカ木幡初也騎手は落馬競走中止となっている。

コスタボニータ 17戦5勝
(牝5・栗東・杉山佳明)
父:イスラボニータ
母:レディイン
母父:Kendor
馬主:谷掛龍夫
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 コスタボニータ 岩田望来
2着 フィールシンパシー 横山琉人
3着 ウインピクシス 松岡正海
4着 ピンクジン 黛弘人
5着 エリカヴィータ 富田暁
6着 タガノパッション 菱田裕二
7着 エリオトローピオ 石橋脩
8着 トーセンローリエ 丹内祐次
9着 エミュー 菅原明良
10着 ラリュエル 北村友一
11着 グランベルナデット 横山武史
12着 ペイシャフラワー 永島まなみ
13着 ファユエン 菊沢一樹
14着 キミノナハマリア 鮫島克駿
競走中止 ライトクオンタム 吉田隼人
競走中止 シンリョクカ 木幡初也