4月20日に開催された中央競馬では落馬が相次いだ。京都4Rではカズアブディーンに騎乗した松山弘平騎手が、3位入線後に落馬。病院へ搬送され「頭部の負傷」と診断され、会話は出来るとのことだが21日は乗り替わりが発表された。

 また福島の重賞、福島牝馬ステークス(芝1800m)でも、シンリョクカに騎乗した木幡初也騎手、ライトクオンタムに騎乗した吉田隼人騎手も落馬して競走を中止。木幡騎手は「右腕の負傷」と診断され、吉田隼人騎手は福島市内の病院へ搬送(診断名は後日追記)と発表され、両騎手とも21日は乗り替わりとなった。

 その他にも福島1Rではワンダフルタテヤマに騎乗した荻野極騎手がスタート直後に落馬(人馬ともに異常なし)、福島2Rでもジークフリートに騎乗した丹内祐次騎手が最後の直線で落馬(騎手:異常なし)、福島4Rでもクリノエイブラハムに騎乗した井上敏樹騎手が落馬(人馬ともに異常なし)するなど、午前のレースから落馬が相次ぎ、SNSでは「無事でありますように」、「無事に戻ってきてください」など、人馬の安全を願う声が多数寄せられた。

【福島牝馬S】コスタボニータが重賞初制覇…ライトクオンタム、シンリョクカは落馬

落馬により3名が騎乗キャンセル

●松山弘平騎手
京都1R
5番 マックスセレナーデ
松山弘平騎手(55.0kg)→ 武豊騎手(55.0kg)

京都2R
9番 キープライジング
松山弘平騎手(55.0kg)→ 坂井瑠星騎手(55.0kg)

京都4R
4番 エールデュヴァン
松山弘平騎手(55.0kg)→ 藤岡佑介騎手(55.0kg)

京都6R
7番 キャピタルサックス
松山弘平騎手(57.0kg)→ 松若風馬騎手(57.0kg)

京都7R
11番 シルヴァーデューク
松山弘平騎手(58.0kg)→ 坂井瑠星騎手(58.0kg)

京都9R
9番 メイショウゲキリン
松山弘平騎手(58.0kg)→ 池添謙一騎手(58.0kg)

京都10R
6番 アスコルティアーモ
松山弘平騎手(54.0kg)→ 川田将雅騎手(54.0kg)

京都11R
14番 ソウルラッシュ
松山弘平騎手(57.0kg)→ 団野大成騎手(57.0kg)

京都12R
6番 ワーズワース
松山弘平騎手(58.0kg)→ 北村友一騎手(58.0kg)

●木幡初也騎手
東京2R
15番 ユイノコミチ
木幡初也騎手(57.0kg)→ 横山和生騎手(57.0kg)

東京3R
8番 ノーブルレイン
木幡初也騎手(55.0kg)→ 柴田大知騎手(55.0kg)

東京8R
5番 ユイノオトコヤマ
木幡初也騎手(58.0kg)→ 江田照男騎手(58.0kg)

●吉田隼人騎手
福島2R
16番 ルージュロッサ
吉田隼人騎手(55.0kg)→ ◇永島まなみ騎手(53.0kg)

福島3R
15番 グレイトマジック
吉田隼人騎手(57.0kg)→ ☆角田大和騎手(56.0kg)

福島5R
8番 コーラルムーン
吉田隼人騎手(55.0kg)→ △西塚洸二騎手(53.0kg)

福島7R
5番 メイショウマゴイチ
吉田隼人騎手(57.0kg)→ ◇永島まなみ騎手(55.0kg)

福島9R
1番 タイセイアーサー
吉田隼人騎手(58.0kg)→ 角田大和騎手(58.0kg)

福島10R
3番 アンテロース
吉田隼人騎手(58.0kg)→ 石橋脩騎手(58.0kg)

福島11R
10番 ファルヴォーレ
吉田隼人騎手(58.0kg)→ 小沢大仁騎手(58.0kg)