今夏にCBを模索するケルンは、スポルティング・ヒホン所属のホルヘ・メレ・ペレスに対する関心を口にしており、複数のメディアが同選手と合意に達していることを伝えた。

しかしケルンの地元紙ケルナー・シュタット=アンツァイガーが報じたところによれば、買い取りオプションつきでの2年間のレンタルが話し合われていたものの、移籍金1400万ユーロでは合意には至らなかったという。

なお今冬にはドルトムントからスボティッチをレンタルしていたケルンでは、現在CBには右利きのフレデリク・ソーレンセンと左利きのドミニク・ハインツが在籍。さらに3バックを形成するならば、ボランチを本職とするマティアス・レーマンを中央で起用することも可能だ。