既報通りレヴァークーゼンのチチャリートが、ウェストハム・ユナイテッドへと移籍することが確定した。移籍金額は1600〜1800万ユーロと見られる。

2010〜2014年まで過ごしたマンチェスター・ユナイテッドにて、リーグ戦102試合に出場し37得点をマークしていたメキシコ代表は、その後に1年間レアル・マドリードへのレンタル移籍(リーグ戦23試合出場7得点)を経て、2年前に移籍金1200万ユーロで加入。

その間にブンデス54試合に出場して28得点7アシストを積み上げてきた同選手だが、しかしながら昨シーズンはわずか11得点3アシスト。特に10試合連続無得点、6試合連続無得点と2度の不振に陥るなど、非常に波の激しいシーズンを過ごし、チームも一時は残留争いを演じる苦しい戦いを余儀なくされていた。

そして29歳となったチチャリートとの契約は今季いっぱいまでとなり、レヴァークーゼンは売却を決断。加入時よりも400〜600万ユーロの利益することになる。