契約を今季まで残すハイロ・サンペイロと共に、2020年まで契約を残すホセ・ロドリゲスの動向にも注目が集まるマインツ05。とくにすでに構想外となり、昨季にはマラガへとレンタル移籍していたロドリゲスについては、ルーヴェン・シュレーダーSDは「スペインからの問い合わせがある」ことを明かした。

「彼はいま、とても精力的に練習にとりくんでいて、アピールしているところだよ。それはいいことさ。しかしもしも怪我人が特にでなければ、出場機会がどうなるのかは彼もわかっている」

ただその一方で、シュレーダー氏は「うちの先発陣のなかで、法外なオファーが届く選手もでて来るかもしれない。そういう事態にも備えて置かなくてはならないものさ」ともコメント。

まさにそれが、昨季5得点をマークしていたジョン・コルドバにとどいた移籍金1700万ユーロであり、「このクラブが健全だから、いざとなればノーともいえる」と前置きした上で、「しかし新たに選手の獲得を目指していくことだってありえるさ」と言葉を続けている。